「レゲエ」という言葉があるのを初めて知ったのは、エリック・クラプトンの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」のヒットがきっかけでした。リズムが独特で面白いと感じたのですが、実はこの曲がボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのカバーで、レゲエというジャンルの音楽であるということを知りました。ある日、テレビでボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのライブが放映され、ガーンと衝撃を受けましたね。クラプトンの歌よりもショックでした。レゲエ味がずっと濃いんですよね。しびれました。だから私にとってはレゲエといえばボブ・マーリーなんですよね。最近は、スマホでレゲエ曲を楽しんでます。着うた・着うたフルで人気だった「レゲエZION」のスマートフォン版があります。話題の最新ヒットレゲエをチェックするならココですね。

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »